シャーリーと洋美による最新ニュースをお届けします。

パディントン・ベア(Paddington Bear)実写版で映画化♪

  

イギリスの作家マイケル・ボンドの児童文学シリーズでおなじみ、世界中の人気者「パディントン・ベア(Paddington Bear)」が実写版で映画化されます。


パディントンはCGIでつくられ、モーションキャプチャーによって動きがつけられるそう。

その気になるパディントンの声と表情を演じるのが「英国王のスピーチ」でアカデミー賞に輝いたコリンファース。

どんなパディントンになるのか楽しみ! そして、悪役に扮するのがニコール・キッドマン。

他に、ブラウンさんにヒュー・ボネヴィル、メアリー・ブラウン夫人にサリー・ホーキンス、ブラウン家の家政婦バードさんにジュリー・ウォルター、アンティークショップの店主グルーバーさんにジム・ブロードベントが扮します。

製作は「ハリーポッター」シリーズのプロデューサー、デビッド・ハイマン。
監督はコメディ映画「Bunny and the Bull」のポール・キング。
脚本は「Mr.ビーン」シリーズ最新作「Mr. Bean's Holiday」のハーミッシュ・マッコール。


南米ペルーからやって来たクマが、ロンドンのパディントン駅でブラウン夫妻のファミリーと運命的に出会い、一緒に暮らしてから巻き起こるさまざまな騒動が描かれるという内容。


あのダッフルコートにクラッシュハットがトレードマークの主人公パディントン。


どんな実写版になるか楽しみですね。

公開は、11月28日全英、12月12日全米、そして日本は12月4日です。


一足早くティーザートレーラーが到着しました。 少しだけですが実写版のパディントンに会えますよ。


http://www.paddington.com/



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0